天塚財閥

I wanna be the very best like no one ever was

youtuber、ブロガーついて 差別と偏見の違いとは何か

差別とは、不当な分け隔て、不当に扱われるということである。
キング牧師の言葉を借りれば、肌の色ではなく人柄“charactor”で判断される社会であるということだ
生まれ持った、生来のもの。気質。それによって判別されることはあってはならない
なぜなら、そうした性質を持っているということそのものは、その人自身の罪でもなれけば、責任でもない
一方で生まれ持ったもののほかに、成長とともに育まれ、獲得していくものもある。
端的なものとしては、職業だ。今は江戸時代じゃないから自分の努力次第では、ある程度自分が望む業界に
属することができる。が、人という生き物は特定職業に対しての様々なイメージや偏見といったものはあるものである。
俺が思うのは、職業それそのものは、もちろん自己の能力や家庭の金銭事情もあるものの
その範囲において自分が選んだものなのではないかということだ。その決断において同時発生するのは、責任である
国籍にも人種にも、それに伴う責任なんかあるはずがない。自分が選んでそれに生まれ落ちたわけではないから。
だが職業は違う。自分で選んだ。それによって被る理不尽は、差別というよりは、むしろ偏見という言葉のほうが適当だろう。

youtuberとかブロガーとか、生まれて間もない職業だ。新しいものに対しての、人々の印象というのは、礼賛するかか拒絶するかか大体2つに別れる
生まれたものから存在し得たものついて、人はそれぞれ形成されたイメージを持っている。
だが、新しいものについては、それを知った瞬間から、そのイメージのインデックスのどれにカテゴライズするかという選択を迫れれる。
それがたまに、疲れるのである。人間という生き物は。これが新しいものについて感じる、胡散臭さの原因だと思う。
youtuberもブロガーも河原乞食だ!これは階級闘争なんだよ!!
ブロガーとして名を馳せている何某とか何某とかは、色物がすぎるね。そういう輩に、この業界を任せておけない。
いつだって、被差別の歴史には、その地位を引き上げる英雄たちがいたし、僕はそうしたストーリーが本当に大好きだったツ!
なりたいものになれるという神話に乗っかる。そしてそれに伴う時間や労力を無駄と思うわない。たとえ結果が伴わなかったとしても。
僕は、人が人柄で判断される世界が来るというストーリーに乗っかりますということで、天塚右京は此処に復活した!

被差別部落一千年史 (岩波文庫)

被差別部落一千年史 (岩波文庫)

キング牧師―人種の平等と人間愛を求めて (岩波ジュニア新書)

キング牧師―人種の平等と人間愛を求めて (岩波ジュニア新書)

広告を非表示にする